人気記事

先輩鍼灸師インタビュー企画 Harriet Ginza 稲葉雄也さん

先輩鍼灸師インタビュー企画 Harriet Ginza 稲葉雄也さん
Harriet Ginza(以下、ハリエット)銀座院で、日々お客様、そして後輩スタッフに向き合われている稲葉雄也さん。二社の整骨院でのお仕事を経て、ハリエットに入社されました。 これまでのキャリア、ハリエットを選んだ理由、仕事の面白さ、将来の夢について、詳しくお話を伺いました!
「ここにいても仕方ない」と思ってしまった過去

 

スポーツトレーナーに憧れて高校から鍼灸学校に進学しました。まさかあんなに勉強が必要だとは思っていなかったですね。国家資格試験当日までとにかく必死に勉強して、それからやっと就職活動。

何となく選んで、初めて面接にいった整骨院でその場で内定を頂いて、よく考えることも比較検討することもなく就職先を決めてしまいました。

2年が経った頃、「このままここにいても仕方ないな……」と感じてしまって……。今振り返ると、22か23歳くらいの当時は生意気だったな、と思います。

元々、鍼灸師になったのは高校時代お世話になっていたトレーナーさんに憧れて、その方に勧められたからです。

「こんな風になりたい」という憧れや、自分がその理想に近づいている感覚を持てていないことに、気付いてしまったのですね。

次の仕事のあてもないまま1社目を退職して、3ヶ月ほどフリーターをしながら鍼灸に関するたくさんのセミナーや鍼灸師が集まる飲み会などのイベントに参加しはじめました。

あまり現場から離れてしまうと、鍼の技術維持の不安があったので、退職してから数か月で2社目の接骨院に転職しました。

しかし結局、1社目も2社目もマッサージなどの手技がメインで、鍼灸はオプション。そしてここでも「自分のやりたいこと」を探し続ける日々でした。

 

関口総院長と出会ったインパクト
関口総院長と出会ったインパクト

 

※写真は月曜断食アンバサダーの方々と

 

2社目の整骨院に転職した後も、鍼灸関連のセミナーやイベントに足を運び続けていました。その関係で、興味のある仕事も見つけることができました。オーストラリア・メルボルンでのマッサージの仕事を紹介してもらって、面接まで進んでいたのです。「海外で仕事、面白そうだな!」と。

でも、それよりも強く心惹かれたのが関口総院長との出会いでした。

関口先生は、見た目はチャラいのに(笑)話すとものすごい熱量がある人です。高校生のときに鍼灸の道を選んだ時と同じ、いえ、それ以上のインパクトで「この人と一緒に働きたい」と思ったのです。

1歳上の先輩、六本木院院長の宇田川先生に対しても、「1歳しか違わないのに、スゴイ!!」と素直に思いました。

この人たちと一緒に働きたい!とオーストラリア行きを辞退してハリエットを受けました。
働き始めて2年経っていますが、尊敬の気持ちは今も全く変わりません!

宇田川先生のインタビューはこちらから

 

往復3時間の通勤を「イヤだな」って思ったことすらありません
往復3時間の通勤を「イヤだな」って思ったことすらありません

 

僕は銀座院で、お客様への施術を1日平均10人弱ほど担当します。そのほか、後輩スタッフと向き合い、コミュニケーションの時間をとるように心がけています。

ハリエットのスタッフはみんな、ひとり一人主体性を持って仕事をしています。僕自身は鍼灸師歴5年ですが、1年目の後輩にも、尊敬できるところがある。もちろん新人ですから、入社したその日からパーフェクトな人材であるわけはありません。

関口院長や、たくさんの先輩スタッフを通じて、もちろん僕も、「チャレンジする姿勢」を応援し続けます。

はじめは「どうすればよいですか?」と質問していた新入社員が、「私はこうしたいです!」と言ってくれるようになると、涙が出るほどうれしいです。

ハリエットは褒めあう環境です。関口院長に「雄也とは友達といるみたいに話せるなあ」と言ってもらったのはすごくうれしかったです。

こんな環境だからこそ、往復3時間の通勤時間がかかっても、どんなに忙しいときでも、「仕事に行きたくないなあ……」と思ったことは一度もありません!

 

目指せ!ハリエット海外支店

 

オーストラリアにマッサージの仕事をしに行こう、としていたくらいなので、海外志向はもともとありました。今でも海外で仕事をしたいという夢は持っています。

いつか、ハリエットスタッフとして海外に進出したいですね!

 

最後に、みなさんへメッセージをいただきました
最後に、みなさんへメッセージをいただきました

 

僕はハリエットに入社して本当に人生が変わったと思っています。

そして、お客様やこれから入社してくる鍼灸師みんなの「人生を変えたい」に立ち会えるのがものすごく楽しみです。

僕の趣味はコーヒーと美味しいもの探しですが、お客様や同僚との会話を拡げるため、喜んでもらうためにも役に立っています。(スタートは正直「モテたい」からですが!)

この趣味を始めたのも、学校時代に年輩の友人がどんなおススメを聞いてもぱっと答えてくれたことに影響を受けたからです。

メンバー全員が、お互いに良い影響を与えあえる環境であり続けたいです。

みなさんが仲間になってくださることを楽しみにしています!

 

サロン情報
Harriet Ginza
Harriet Ginza

■所在地:
銀座本院
東京都中央区銀座8-15-6
八幡銀座ビル1階

六本木院
東京都港区六本木7-17-22
秀和六本木レジデンス305

名古屋院
愛知県名古屋市中区丸の内2-13-16
丸の内スクエア601